既存の公式Webページ以外に、Twitter・Facebook・Instagramとコミュニケーションの手段が拡大・変化しつつあることに対応を苦慮している組織は多いかと思われます。